最初に正しい発音

日本語と英語の発音は違います。英語には、日本語にない発音もあります。
間違った発音でずっと勉強すると、間違った発音をずっと学習して擦り込むことになります。
カタカナ英語の癖は中々抜けません。
最初から正しい発音で勉強したほうが、学習震度も早く、また将来役に立ちます。

発音が正しいと勉強が楽しくなる

・発音の重要性
日本の英語教育の一番の問題点は、多くの人が正しい英語の発音を意識せずに、 カタカナ発音で済ませてしまっていることです。自分で出せない音は聞いたときにもわからないので、 英語を楽しむことはできません。
しかし、正しいやり方で練習すれば、誰でも英語の発音は身につけることができます。
そして、自分で音が出せるようになると、英語を話すことが楽しくてしょうがなくなります。
ぜひ皆さんにも、この気持ちを味わっていただきたいとおもっております。

レッスン内容

実際に「話せる」、「聴き取れる」ことを目標にしています。 そのために、入門では実際にご自身で正しい発音を身に着けることを優先しています。 口や歯型の模型を使い、まずは正しい発音をマスターします。

レプトの意味

L Learning 
E English 
P Pronunciation 
T Tips

海外の魅力

進学や就職でそれまで慣れ親しんでいた場所を離れると、今まで気づかなかった良い部分や、逆にもっとこうすれば良かったのか、など外から見ることによって初めて気付くことがあります。
これは日本という国を出て、海外に行ったときも同じではないでしょうか?
どこにでもあるコンビニや治安、食事のおいしさなど、普段あまり意識していないことを考えることが増えます。風邪などで体調を崩したときに、健康のありがたみがわかるように、当たり前に思えることがとても大切だと気づかされます。
近年、日本でも格安航空券を使うことが身近になりました。その気になれば日帰りでも海外旅行ができるので、違う文化、習慣を経験してみるのも良いのではないでしょうか。
講座ではイギリスの話を中心に、実際のエピソードなどもお伝えいたします。

国際人とは

今ではインターネットを使い、世界中の人達と簡単につながることができます。
また、知らないことがあっても、検索をすれば情報はいくらでも手に入ります。
しかし、だからこそ自分の考えをしっかりと持っていることが大切だと思います。
英語が話せるから国際的なのではなく、自分の考えをしっかりと語れる人が尊敬されると思います。
自国を知り、伝統に裏付けされた自分の考えを持ち、相手を理解し、かつ正しいマナーで外国語が使える。これが真の国際人ではないかと思います。

↑ PAGE TOP